共立女子大学・短期大学

大学別一般入試の傾向と対策2017年受験用

 

 

平成28年度入学試験 統一入試 英語

年度から始まった統一入試だが、難問はとくに見当たらず、しっかりと学習を積み重ねてきた受験生なら高得点がねらえる。Ⅱの会話文及びⅢ・Ⅳの読解総合問題とも英文の分量が多めなので、時間配分に注意したい。内容真偽問題の選択肢は日本語のものが多いので、解きやすい。内容も受験生にとってとくに難しいものはなくわかりやすい。Ⅰの文法・語法問題も基本レベル。解答方式はすべてマーク式である。

 

平成28年度入学試験 統一入試 家政学部

Ⅱの会話文及びⅢ・Ⅳの読解総合問題の分量は昨年より例年並みだが、昨年より語彙レベルがやや難化しているのに注意したい。英文のテーマはいずれも家政学部らしい内容である。下線部説明問題(記述)は該当箇所を見つけて和訳・要約できる力が求められる。3~5文を書かせる自由英作文問題は、かなりの練習が必要。Ⅰの文法・語法問題はすべて基本レベルなので、全問正解をめざそう。 Ⅱの文法・語法問題及びⅣの読解総合問題は、文芸学部及び看護学部と共通問題。Ⅲの読解総合問題は一部を除き看護学部と共通。

 

 

平成28年度入学試験 統一入試 文芸学部

昨年度に比べて英文の分量が若干減っているが、難易度は変わらない。Ⅲは著名なアメリカの作家サローヤンの短編からの出題で、文芸学部らしい出題。下線部和訳問題は、単語が易しめでも構文が複雑なので、しっかりとした文法力が必要。下線部説明問題(記述)は該当箇所を見つけて和訳・要約できる力が求められる。3~5文を書かせる自由英作文問題は、しっかりと練習を積んでおこう。リスニング問題は音声が2回流れ、それぞれが短い対話なので平易である。 Ⅱの文法・語法問題とⅣの読解総合問題は、家政学部及び看護学部と共通問題である。

 

 

平成28年度入学試験 統一入試 国際学部

大問4題が昨年同様で、昨年から導入された記述式問題が今年度も出題されている。読解総合問題の全体の分量は変わらず、内容も国際学部らしい英文で、英字紙からの出典であることが特徴。Ⅰの会話文は昨年の文法・口語表現を重視するタイプから読解力重視の問題に変更されている。Ⅱの文法・語法問題は基本レベルである。全体として読解問題の比重が大きく、他学部に比べて語彙レベルも高い。時間配分が鍵となるだろう。

 

 

平成28年度入学試験 統一入試 看護学部

年度から始まった統一入試だが、難問はとくに見当たらず、しっかりと学習を積み重ねてきた受験生なら高得点がねらえる。Ⅱの会話文及びⅢ・Ⅳの読解総合問題とも英文の分量が多めなので、時間配分に注意したい。内容真偽問題の選択肢は日本語のものが多いので、解きやすい。内容も受験生にとってとくに難しいものはなくわかりやすい。Ⅰの文法・語法問題も基本レベル。解答方式はすべてマーク式である。

 

 

平成28年度入学試験 統一入試 短期大学

全問マーク式で全体の小問数はほぼ例年通り。読解総合問題の分量がやや増えているが難易度は変わらない。wouldの用法選択や動詞や時制の区別が必要な問題が取り入れられ、全体的に文法力重視の問題と言えよう。Ⅱの正誤判定問題は正解が見つけやすくなった。Ⅲの語句整序問題は、全体が1つの文章となっているので、英文の内容を理解できると組み立てやすい。教科書を中心とした基礎的な学習が肝心。

 

 

A方式Ⅰ期 2月1日実施
[家政学部、文学部、人間関係学部、社会情報学部、短期大学部]

全問マーク方式
昨年度に比べて大問数が4→5に増加したが、全体の小問数は33→28に減少している。
読解問題が3題、会話文1題及び文法・語法問題が1題である。
読解問題は教科書レベル。全体の要旨よりも、空所補充や下線部の意味など、知識重視の設問である。

 

A方式Ⅰ期2月2日実施
[家政学部、社会情報学部、比較文化学部、短期大学部]

全問マーク方式
大問数が4→5に増加。小問数も31→44と大幅に増加。
読解問題が3題になって負担が増えた。英文や設問は標準レベルなので、時間配分に気を配りたい。
誤文訂正問題が加わったことで、文法・語法問題がやや難化した。出題形式の変化に対応できるようにしたい。

 

A方式Ⅱ期 3月2日実施
[家政学部、文学部、社会情報学部、人間関係学部、比較文化学部、短期大学部]

全問マーク方式
大問数は4で昨年同様だが、全体の小問数は35→41に増加。とくに大問1の小問数が多く、時間配分が鍵。
内容真偽問題は、日本語の選択肢が多いので解きやすい。
文法・語法問題は、空所補充形式の他に同意表現完成問題が登場。